ナビゲーションをスキップ

油圧機器

ローカルナビゲーション

商品情報トップ

油圧CADデータ

標準油圧機器総合カタログ

油圧関連機器


油圧機器の
お問い合わせは

油圧事業部 油圧企画部
TEL : 076-438-8973
FAX : 076-438-8978

技術的なお問い合わせは
TEL : 076-438-8974
FAX : 076-438-8978

webからのお問い合せ

価格・在庫に関しましては、お近くの販売店・代理店または当社営業へお問い合わせください。

本文

NRPシリーズ パワーパッケージ

寸法表

取り扱いに関する注意事項

●運転上の注意(必ず守っていただきたいこと)

  1. NRPシリーズ・パワーパッケージは間欠運転(電動機ON-OFF)用の油圧パッケージです。負荷運転時間の超過や運転方法を間違えると電動機や作動油の発熱による機器損傷の恐れがありますので、取扱説明書をよく読んでお使いください。
    負荷運転時間率 1.2kW-4P・・・15%  2.4kW-4P・・・10%
  2. 間欠運転を行うには、回路内にプレッシャスイッチ等を設け、電源側の接点をON-OFFする回路が必要です。
  3. 分解点検を行う際は、圧抜弁を開放して、アキュムレータ内の圧力を抜いてから行ってください。(アキュムレータ搭載時)
  4. アキュムレータ(オプション仕様)には窒素ガスが充填されています。廃却時は、必ずガスを抜いてから廃却してください。
  5. アキュムレータ(オプション仕様)の運搬・設置については、規制を受けますので、詳細は弊社までお問い合わせください。

●始動時の注意

  1. タンク内に作動油が規定面(下限値以上)に満たされているか油面計で確認してから運転してください。
    (1)上限:規定油量(呼称容量)
    (2)下限:最低油面
  2. 電気結線は次の様に間違いなく結線して下さい。
    電動機側と電源側の相順 結線間違いの場合
    U (R)
    V (S)
    W (T)
    • 電動機が逆回転し、ポンプから油を吐出しません。
    • 吐出側に付いている圧力計で昇圧することを確認してください。

●油圧作動油

  1. 一般鉱油系油圧作動油 ISO VG 32 相当油

●保守・点検

  1. 油温:5〜60℃の範囲でご使用ください。
  2. 作動油交換時期
    最初は、3ヶ月運転後に交換してください。
    それ以後は、汚染が認められた時あるいは、一年経過毎に交換してください。
  3. タンク内とストレーナ点検:3ヶ月毎
  4. アキュムレータ(オプション仕様)は、ガス封入が出来ません。定期的に交換が必要となります。

●周囲環境

  1. 温度:5〜35℃
  2. 水溶性切削液のミストが付着しないようにしてください。
无遮住挡拍拍视频免费,高潮颤抖大叫正在播放,在线观看国产高清免费不卡,YY11111光电影院手机版